2017-06-01

ソリハシセイタカシギ







数年前に急逝された大先輩達との思い出の地に、今年はアボセットが飛来した。けれど、悲しみが大きすぎてどうしても直ぐには足が向かなかった。。。
隣県の湖に2羽のアボセットが飛来した時も、やはり同じメンバーで日が暮れるのを待ち、茜色に染まりゆく空を優雅に舞うアボセット達を撮影した記憶が、つい先日のように思い出される。そう、大先輩の大好きなシギでした。

今回アボセットが飛来したフィールドは、あれから多くの建物が建ち驚いてしまったものの、鳥達の顔ぶれはと言えば、あの時と変わらず、ゆっくりとした時間だけが流れていました。







































0 件のコメント: