2016-10-26

フクロウ ~狩りの前~







   
連日 本命の待ち人 (鳥) に翻弄され、すっかり体調を崩してしまいました。

それでもフクロウにだけは会える確率は高く、夕方になると このフィールドに足が向いてしまいます。



昨日は いつもと行動パターンが異なりました。

森の中から出て来た彼は声を発する事も無く、
                
一瞬枝に止まったのち、直ぐさま鋭い形相で 近くの小藪へと向かい飛び出しました。


フクロウが向かった小藪からは、数百羽居るであろう小鳥達の群れが

まるで蜘蛛の子を散らしたかのように闇夜の天空を舞いました。

やがて群れは二分され 右往左往。。。




それは 渡りの小鳥達の塒を狙ったフクロウの狩りでした。

     


※   Mirror Lock-up / ISO 10000





0 件のコメント: