2016-03-19

Mandarin Duck






雨が上がり、オシドリ達が姿を見せてくれました♪









それに致しましても、本日 大先輩に聴かせて頂きました C. Saint-Saëns  Symphony No.3 C minor, op.78  "Organ Symphony" は、
今まで聴いた中でも途轍もなく重厚かつ超絶的な迫力に、只々感動の坩堝でした。 同様の音源にして、あのように全く異なる音だったとは!
学生の頃から Best 5 に入る位大好きな楽曲ですから、勿論 幾度と大ホールで聴いていますが、あの驚愕なシステムにして、夢のような幻の名盤 ・・・  
B・r・a・v・o ~ ☆・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

チャイコの 1812 は諸事情により残念でなりませんが、幻想序曲 ロメオとジュリエット、交響曲第6番ロ短調 悲愴 OP.74 も 好みです♪
変化球ですけれど、John Cage の 4′33″は、お持ちでしょうか???

( 後半、可愛いオシドリ達とは 無関係な内容になってしまいました^^ )





0 件のコメント: